元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事横浜中華街

横浜開港博Y150が閉幕

目標500万人、来たのは124万人 横浜開港博が閉幕

横浜開港150周年を記念したテーマイベント「開国博 Y150」が27日、153日間の会期を終えて閉幕した。主催の横浜開港150周年協会は有料入場者数500万人を掲げたが、約124万人にとどまり、目標を大きく下回った。

 総事業費は120億円で、横浜市は55億円を分担した。開催を主導した中田宏・前市長は8月中旬に市長を辞職。27日夜の閉会式では、林文子市長が「開国博は未来を輝かせる種をまくためのイベント」とあいさつした。

目標入場者、遠く及ばず 


横浜開港150年を記念し、4月から開かれていたイベント「開国博Y150」が27日、閉幕した。閉会式で林文子横浜市長は「開国博は多くの市民に支えられた。苦しい時代を乗り越える原動力は市民の力だ」とあいさつしたが、有料入場者数は目標の500万人の4分の1にとどまった。開催期間中に辞職した中田宏前市長の責任を問う声も上がっている。

 市が出資する主催者の「横浜開港150周年協会」によると、有料入場者数は約124万人だった。入場料収入も開幕前に見込んだ45億円に対し8月末で約24億円。協会は、今後も記念グッズの販売を続け、広告代理店との契約額の見直しなどで赤字を回避したいとしている。

 開国博は4月27日に開会式が開かれ28日から一般公開。フランスを本拠地とする劇団「ラ・マシン」による機械仕掛けの巨大クモのパフォーマンスや、横浜が舞台のSFアニメ上映などが行われた。

 横浜市の女性会社員(28)は「すぐ見終わってしまうのに入場料2400円は高い。来る人が少ないのも分かる気がする」と話していた。

 市議会決算特別委員会の理事予定者会は今月8日、開国博の検証などのため中田氏の参考人招致を決めたが、中田氏は応じなかった。

ネット注文限定割引中!ご自宅まで無料配送!七五三宅配レンタルなら【晴れ着の丸昌】


posted by 横浜物語 横浜開港150周年記念 「Y150」 記録の細道 at 06:36 | Comment(0) | 横浜開港150周年「Y150」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ    


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。