元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事横浜中華街

開港記念イベントの歴史




ディナークルーズ 東京湾&横浜<ディナー予約>  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

横浜開港150周年記念Y150
開港記念イベントの歴史

横浜は、2009年6月2日に、開港150周年を迎えます。
横浜が開港されたのは、1859年7月1日で、旧暦安政6年6月2日です。
それから、横浜は、外国との窓口として、さまざまな技術や文化、そして、たくさんの人が集まるようになり、大きな都市として発展しました。
横浜市では、開港を記念して、大規模な記念イベントを、節目となる年ごとに開催してきました。
開港50周年となった1909年(明治42年)には、森鴎外が作詞した市歌や、横浜のシンボルとして市章を制定しました。
また、市民の寄付によって、「開港記念横浜会館」が建設されることが決まりました。
祝賀会場は、建設中だった新港埠頭で行なわれ、横浜の街には、きらびやかな装飾の施された山車や、ちょうちん行列が登場して、市民みんなで祝いました。
開港100年目となった1958年(昭和33年)は、横浜公園平和球場で、開港百年記念祭が開催されました。
そこでは、横浜出身である美空ひばりさんなどのコンサートが開かれました。また、横浜市庁舎が建設されたり、「北太平洋の女王」の名で知られた「氷川丸」が、山下公園前の海に係留したり、「横浜マリンタワー」の建設が始まったりしました。
1989年には、市制施行100周年と開港130年を記念して、「横浜博覧会」が開かれました。
会場一帯が、みなとみらい地区となって、「パシフィコ」や「ランドマークタワー」などが、次々と建設されました。
そして、記念出版として「図説 横浜の歴史」や「Yokohama Past and Present」などが刊行されました。
そして、150周年を迎える2009年には、開港150周年記念テーマイベントとして「開国・開港Y150」が開催されます。
次の50年へ向けて、150年分の横浜を楽しむことができる、歴史と未来を結ぶ大祭典が展開されます。

ベイエリア1jpg
posted by 横浜物語 横浜開港150周年記念 「Y150」 記録の細道 at 19:12 | Comment(0) | 開港記念イベントの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ    


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。