元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事横浜中華街

横浜商人の活躍

ディナークルーズ 東京湾&横浜<ディナー予約>  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

横浜開港150周年記念Y150
横浜商人の活躍

横浜は、開港当時、わずか100戸程度の静かな村でした。
ところが、開港されたことによって、たくさんの貿易商人や技術者が横浜に集まり、生糸を中心として、絹織物やお茶を輸出するための港として発展していきました。
横浜の街には、さまざまな品物を取り扱う貿易商人の店が並び、活気のある街になっていきました。
開港後、横浜では、商売を始める人たちが、いろいろなところから集まってきました。
また、そこで商売を始めた人は「横浜商人」と呼ばれていました。

横浜開港150周年+みなとみらい・中華街最強ガイド (ウォーカームック 139)

横浜開港150周年+みなとみらい・中華街最強ガイド (ウォーカームック 139)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/04/27
  • メディア: ムック


その中で、もっとも活躍していたのは、外国との取引を行っていた貿易商人でした。
また、蚕のまゆからとれる「生糸」を取引していた貿易商人は、特に活躍していました。
山梨県や群馬県、長野県などで生産された生糸が、横浜に運ばれて来て、それを扱う貿易商人によって、海外へ輸出されたのです。
外国の商人は、日本の生糸をたくさん輸出してもらうために、横浜商人と交渉を行ったのですが、言葉が通じなかったことや、ものを測る単位が違ったことから、横浜商人は、たまに損をしていたそうです。
また、外国から、さまざまな国の人々がやって来るようになったので、英語やフランス語など、いろいろな言葉が飛び交っていました。
その当時の横浜の人々は、外国の言葉を、耳で聞いたままに覚えて、外国の人と会話をしていたそうです。
たとえば、「Good morning.」は「グルモウネン」、「Thank you.」は「タンキョウ」、「How much.」は「ハマチ」などです。

そのような「横浜商人」の地道な努力があったからこそ、今の大都市横浜ができあがったのですね。


横浜散歩マップ

横浜散歩マップ

  • 作者: 散歩マップ編集部
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2009/02/11
  • メディア: 単行本



posted by 横浜物語 横浜開港150周年記念 「Y150」 記録の細道 at 19:34 | Comment(0) | 横浜商人の活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ    


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。