元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事横浜中華街

苦難を乗り越えて





momobgyoko.JPG

苦難を乗り越えてきた横浜
横浜開港150周年記念Y150

mukasi_yokohama.JPG


横浜は、開港してから、世界につながる港として、大きく発展していきました。
ところが、その道のりは険しく、関東大震災、戦争、連合軍の占領、・・・とさまざまな苦難が、横浜にもあったのです。
1923年9月1日、横浜を、マグニチュード7.9という大地震が襲いました。開港以来、60年間に渡って築いてきた横浜の街は、この大地震と、それによる火災によって、大被害を受けてしまいました。
ところが、そんな中でも、奇跡的に、横浜開港記念館の時計塔は、壊れることがありませんでした。
多くの横浜市民が、その立派な姿に、勇気付けられたのです。
震災によって崩れた建物のがれきを集め、それで海を埋め立ててでき上がったのが、「山下公園」です。
この山下公園を会場として、1935年3月〜5月の期間、「復興記念横浜大博覧会」が開催されました。
山下公園の前に、大きないけすを造って、鯨を泳がせた「生鯨館」や、アメリカをはじめ、いろいろな国のパビリオンに人気を集め横浜は賑わいを増しました。
来場者は、300万人にも上ったそうです。
戦争時の横浜は、1942年〜1945年に、連合軍によって、空襲に30数回もみまわれ、大変な被害を受けました。
そして敗戦と同時に、連合軍により、横浜港や横浜市内のあちこちを占領され、経済面でも大きな打撃を受けました。
現在でも、アメリカ軍の基地が横浜市内に残っていますが、「深谷通信所」や「上瀬谷通信施設」などは、近い将来にはなくなって、日本に返ってくるそうです。
このような大変な苦難を乗り越え、ここまで発展したのは、当時の横浜市民の努力があったからこそです。
横浜の街を支え続けてくれた人々のおかげで、現在の大都市である横浜があるのです。

エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by 横浜物語 横浜開港150周年記念 「Y150」 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 苦難を乗り越えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ    


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。