元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事横浜中華街

横浜開港博『赤レンガ倉庫』

「横浜赤レンガ倉庫」を紹介
横浜物語 横浜開港Y150

akarennga.jpg


横浜開国150周年記念イベント「開国・開港Y150」のベイサイドエリアの会場には、「横浜赤レンガ倉庫」があります。
それでは、「横浜赤レンガ倉庫」の紹介をします。


akarengasouko-park.jpg赤レンガ倉庫の前にある広場の「赤レンガパーク」は、
芝生が広がる海辺の公園です。
横浜港に面する海岸部分からは、
間近に「大さん橋」を眺めるこ
とができ、その向こうには、
横浜「ベイブリッジ」が見えます。
ここを訪れる人々は、
のんびりと海岸にたたずみ、
雄大な海を眺めています。

「横浜赤レンガ倉庫1号館」は、2Fがスペース、3Fはホールとなっています。
ギャラリーやコンサートなどの鑑賞を楽しむことができ、貸出施設として、さまざまなジャンルのイベントが行われています。
また、「横浜赤レンガ倉庫1号館」の1Fでは、有名なお店や横浜の老舗店を、数多く取り揃えています。
ぜひ、立ち寄ってみてください。

「横浜赤レンガ倉庫2号館」は、商業施設として、おしゃれなショップと、個性的なレストランが揃っています。
それでは、おすすめのショップを紹介します。

1Fにある「One Life Yokohama Bay」は、ハワイなどにある「ゼネラルストア」をイメージした店内で、こだわりのハワイアン雑貨やウェアーを販売しています。

2F「salut!」は、インテリア雑貨が揃い、収納力バツグンのラックから、カーテン、ラグ、おしゃれな小物など、幅広い商品をプチプライスで用意しています。

2F「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」は、アイスクリーム発祥地横浜から、新感覚アイスクリームスタイルを発信しています。
開港当時の風味を現代風にアレンジした「横濱馬車道あいす」は、懐かしく素朴な風味が広がります。




パンパシフィック横浜ベイホテル東急

(横浜みなとみらい)
最上階のくつろぎを讃えたアーバンライフホテル

posted by 横浜物語 横浜開港150周年記念 「Y150」 記録の細道 at 19:07 | Comment(0) | 横浜開港博『赤レンガ倉庫』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ    


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。